2007 千葉大学サマースクール
計算機と作曲

参加者募集

以下の要領で、今年度の千葉大学サマースクール「計算機と作曲」を開催します。 奮って参加下さい。

日程:7月21(土)、22(日)、23(月)
各日とも、10:30 − 17:00

会場:千葉大学西千葉キャンパス内、理学部2号館105教室 (サイエンス・プロムナード隣)

対象:高校生 (引率の高校の先生の参加も歓迎します、毎年数名の先生の参加あり)

学内講師:
渚  勝 (世話人、千葉大学理学研究科教授)
辻 尚史 (千葉大学理学研究科教授)
ゲスト講師:
照屋 林賢 (http://www.rinken.gr.jp/entertainment/rinkenband/profile.html)
太田 高正 (東芝情報システム)

[スクールのあらまし]

このサマースクールは, 高校生を対象に, 千葉大学理学部数学・情報数理学 科が関わる現代数学の話題や情報科学の話題の楽しさを伝えることを目標に毎 年, 開催しています。

今年のテーマは“ 計算機(情報科学)”と“ 作曲(曲作り)”の関わりです。

今年は情報科学に視点を置きました. 数理的な考え方, ものの捉え方は無味 乾燥した印象を与えるようですが, とても刺激的なものです。最近では, 一つ の事柄を説明すると, 「それは何の役に立つの?」「何が面白いの?」というよ うな問いが先行して来ます. 今では、インターネットの無い暮らし(社会)と いうのは考えるのが困難な程になりましたが, もともとは「それは何の役に立 つの?」「何が面白いの?」ではなく, 確かにものを伝えること, それを理論的 に議論を詰めていきたいところから出発しています. この規模が大きくなって 付加価値が生じ、現在のように必須の道具へと変わってきました.

スタートは、地味でも大きく広がったインターネットの世界は、もちろん 暮らしの仕方にも、個人の情報の発信の仕方にも、いままでとは違う大きな可 能性や考えるべきことを産みだしています.

情報科学の話題もいまやいろいろな方向に関係するのですが、あまり広く 構えると何が何だかわからないことになる可能性があります. また定まった答 えがあるようなものでもありません。今回は、音楽に的を絞って、まとまった 話というよりいろいろ「愉しんでみよう、考えてみよう」、というコンセプト で話を進めることにしました.

講師の先生として, 沖縄を拠点として沖縄の音楽(文化)を発信し続けら れている照屋りんけんさん、そして企業にあって、画像に現れる波の現象を調 べられている太田高正さんをお願いしています. 太田さんは音の波にも興味を お持ちでピアノの調律の話など、お二人の講師からさまざまな角度からの話が 聞けるものと思います. 数学的な話(数学・情報数理学科)としては音に関係 して三角関数(sin, cos) など関係する題材についてリラックスした形で説明を 加えていきたいと予定しています.

[スクール予定] 主要な講演を以下のように予定しております. その他の時間は、千葉大学のスタッフが参加者と話をしながら進めていきたいと 考えています.
7月21日
午前照屋林賢先生の講義(50分×2)
午後太田高正先生の講義(50分)
7月22日
午前照屋林賢先生の講義(50分×2)
午後太田高正先生の講義(50分)
7月23日
午後太田高正先生の講義(50分×2)

[申し込み方法] 下記へ「サマースクール参加希望」と書き、 氏名、住所、在学高校、学年、 mail またはfax があればそのアドレスまたは番号を明記して申し込んでください。 また、申し込みの動機または理由を簡単に書いた文章を添えてください。 (人数が多くなった場合の選考の参考資料にします)。

締め切り:延長しました。7月20日の午後7時までにmailまたは電話でお知らせ下さい。

[問い合わせおよび連絡先]
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町 1-33
千葉大学 理学部 数学・情報数理学科 「サマースクール」係
fax: 043-290-2733, tel: 043-290-2727