確率・統計領域

確率・統計の主要な3つの分野である数理統計学、確率解析学、数理計画理論の 教育、研究を行う。数理統計学では、代数統計学を中心に統計的因果推論の理論 と実際について研究し、理論的予想と計算機シミュレーションの結果との比較を 行う。確率解析学では、物理、生物、経済等における諸現象を記述する確率模型 について研究し、可積分系の理論との関連についても議論する。数理計画理論で は、情報と決定の相互の関連性を重視し、不確実な情報構造をもつ最適化問題に ついてモデルの定式化を行い、その構造を研究する。


数学・情報数理学科のページに戻る